ダイヤモンドのカットの種類

ダイヤモンドは最も硬度が高く、価値が高いことで有名な宝石です。アクセサリーなどに用いられることも多く、古くから高い人気を誇ってきた歴史もあります。
そんな貴重なダイヤモンドですが、煌びやかな輝きを活かすために様々な「カット」の種類があるのをご存知でしょうか。今回は、ダイヤモンドのカットの種類についてご紹介します。

主なダイヤモンドのカットの種類
1.ラウンド・ブリリアントカット
丸い円のような形にカットします。ダイヤモンドを最も美しく見せるためのカット方法といわれ、婚約指輪などに用いられることが多いです。
2.オーバル・ブリリアントカット
楕円形で、小判のような形にカットします。ダイヤモンド以外の宝石にも適応されることの多いカット方法です。
3.マーキーズ・ブリリアントカット
中央に丸みを持たせて縦長にカットします。ちなみに、マーキスはフランス語で「侯爵」を意味する言葉です。
4.ハートシェイプ・カット
文字通りハートの形にカットします。アクセサリーに人気のあるカット方法です。
5.エメラルド・カット
文字通りエメラルドのためのカット方法ですが、ダイヤモンドに用いられることもあります。ブリリアントカットなどとは異なった輝きを楽しめます。

この他にもクォードリリオン・カットやバケットカットなど、ダイヤモンドには様々なカット方法があります。カット方法によって石の輝きや印象まで変わってしまうのも、ダイヤモンドの魅力の一つといっていいでしょう。