ダイヤモンドのお手入れ方法について

最も高価で格式が高いといわれる宝石、ダイヤモンド。アクセサリーに用いられることも多いですが、適切なお手入れを行わないとその輝きが半減してしまうこともあります。
今回は、自宅でできるダイヤモンドのお手入れ方法についてご紹介します。
ダイヤモンドのお手入れ方法
1.石揺れしていないか確認する
お手入れの前に、触って動かないかチェックしましょう。カタカタと動くようならお手入れは中止し、購入したお店に持って行って修理してもらう必要があります。
2.作業環境を整える
宝石が見えやすいよう照明を明るくします。また、落としたときに割れないよう、柔らかいものを用意してその上で作業しましょう。
3.ぬるま湯を用意し、洗剤を溶かす
ボールなどに35度程度のぬるま湯を入れ、液体の中性洗剤を溶かします。
4.汚れを浮き立たせる
ダイヤモンドアクセサリーやジュエリーを浸して、汚れを浮き上がらせます。
5.汚れを除去する
歯ブラシなどを使用して汚れを除去します。爪や台座の裏側などは汚れやすいので注意してください。
6.洗い流す
ぬるま湯(あるいは水)でよくすすぎます(排水溝の穴は塞いでおきましょう)。
7.よく乾かす
タオルなどで水分をふき取り、よく乾かします。

手で除去しにくい箇所の汚れには、超音波洗浄器を使用することも効果的です。
また、汚れを防止するために、身に付けたあとは柔らかい布で拭くなど、普段から小まめなお手入れを行うことも重要です。
定期的なお手入れを行って、ダイヤモンドの輝きを維持しましょう。